ウインナーとソーセージに違いはあるか

お弁当に入っていてほしいおかずとして、ウインナーと答える子供が多いかもしれません。
お弁当といえばどうしても冷めてしまいますが、ウインナーは冷めてもおいしく、普通の肉に比べても固くありません。
また、お母さんが形を工夫してくれたりするので、お弁当の中身が華やかになりやすいです。
ウインナーといえばスーパーで売られていますが、スーパーにはその他にソーセージがあります。
見た目はほとんど同じです。
何か違いがあるかですが、実はウインナーはソーセージの一種になります。
ソーセージは、動物の腸にひき肉などを詰めてゆでたり燻製にしたものになります。
ウインナーはその中でも直径20ミリ未満のものを差します。
では太いものは何と呼ばれているかですが、36ミリまでをフランクフルト、それ以上をボロニアと呼ばれます。
これを聞くとそれぞれ地名がつけらえていることが分かります。
同じような料理があったものの、特にそれぞれの地域で作られることが多かったのでつけられたのでしょう。