夜8時以降は食べないようにしよう

夕食は遅くとも夜8時までにはすませるようにしたいです。
人間の体は8時以降は吸収の時間になります。
この時間に食事をすると、体脂肪を溜め込みやすくなるので注意が必要です。
しかし、食事から摂取したエネルギーを体脂肪に換えるだけではありません。
体脂肪をつくる一方で、体脂肪を分解したり、成長ホルモンを分泌します。
夜8時以降に食事をしなければ、ほとんど太ることはないでしょう。
とは言え、仕事をしていると夕食が夜8時以降になってしまうことも多々あります。
流石に食べないわけにはいきません。
夜8時以降に食事をする場合は、カロリーや糖質を摂取しすぎないように工夫をすることです。
とくに、糖質を遅い時間にたくさん摂取してしまうと、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。
遅い時間の食事では、炭水化物を抜くのがベストです。
野菜やささみなどをたっぷり入れた温かいスープを飲むことが推奨されます。
カロリーも糖質も低いからです。